Now Loading...

階段リフォームを行う際に知っておくべきこと・ポイントをご紹介!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当の有地です。

今回は階段リフォームのメリットやポイントについてご紹介していきます。

異なるフロアの移動に欠かすことができない階段ですが、リフォームをする箇所としてつい後回しにしてしまう人もいるかもしれません。後悔のないリフォームを行うために、事前に知っておきたい階段リフォームのポイントをご紹介します。

階段リフォームをするなら知っておきたいこと

階段のリフォームを検討しているなら事前に知っておくべき法律があります。建物を建てるなら最低限守らなければいけない基準が定められている建築基準法です。 

この法律では建築物の敷地や用途のほか、構造や用途に関するさまざまなルールが示されています。階段については、建築基準法「階段の蹴上げおよび踏面の寸法についての規定」の第23条の中で階段の各部分におけるサイズの規定が示されています。

階段の1段の高さのことを意味する「蹴上げ(けあげ)」については、蹴上寸法、つまりは階段1段の高低差が23cm以下でなければいけないとされています。階段の上り下りをする際に足をのせるステップ部「踏面(ふみづら)」は、奥行き、つまりは踏面寸法が15㎝以上必要とされています。 

建物の壁から壁、または柱から柱までの寸法「内法(うちのり)」と言いますが、階段を挟む壁から壁までの寸法、つまり階段の横幅75㎝以上で作るよう定められています。階段に手すりなどがあり、手すりが壁から10㎝以上離れた位置に設置されている場合は、手すりが設置された壁から手すりまでの階段幅が75㎝以上必要となりますので気を付けましょう。

もし、階段がカーブしている場合には、階段の曲がり角のステップ部分である「廻り踏み板」の幅に規定があるので注意が必要です。階段の回転の中心となる内側の尖った側から外側に向かって30㎝の箇所のステップ幅が15㎝以上必要であるという決まりがあります。 

階段は、段差が小さければ小さいほど上りやすかったり傾斜が緩ければ緩いほど下りやすかったりするわけではないため、使用する人が利用しやすい寸法を専門家に相談しながら、安全に上り下りができるように法律を守ったサイズでリフォームを行うことがポイントです。

失敗しない・後悔しないリフォームをするためには、業者選びも重要なポイントです!

リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり