Now Loading...

バリアフリーリフォームとはどんなもの?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当の有地です。

高齢のご家族のためにバリアフリーリフォームをされる方が増えています。

介護が必要な家族がいる場合や、自分自身も足腰に不安をかかえている場合は、バリアフリーリフォーム(介護リフォーム)について検討する必要があるでしょう。暮らしやすい住宅にしておくと、いざというときに安心して自宅で生活を続けることが可能になるからです。バリアフリーリフォームとはどのようなものなのかを詳しくご紹介していきます。

バリアフリーリフォームとは?

「バリアフリーリフォーム」は「介護リフォーム」とも呼ばれ、介護を必要とする人が家で生活するときに感じる不都合や不便を解消していくためのリフォームのことです。

バリアフリーリフォームによって介護される人が暮らしやすくなるだけでなく、介護する人の負担も軽くなります。介護を必要としている家族のために、その障害や状態に合わせたリフォームを行うことが一般的です。

今後、自分や配偶者が高齢になったり介護が必要になったりしたときのために、元気なうちに将来を見越してリフォームをしておくという人もいます

一般的なリフォームをする場合は

「移動しやすい」
「排泄や入浴が楽になる」
「転倒を防止できる」

という視点で、リフォーム箇所を検討することが望ましいでしょう。 介護を必要とする人は移動が困難になることが多いので、家の中を動きやすくするための工夫が大切です。移動しなくなると体力や気力が衰えてしまいがちですから、もしも、自力で動く能力が残っているのであれば無理なく安全に家庭内を移動できるような方法を考えましょう。


「玄関や床、通路などの段差をなくすこと」

玄関の上がり口に大きな段差がある場合は、手すりやベンチなどを設置しましょう。床の段差は、たとえ少しでも脚力の衰えてきた高齢者がつまずく原因になり車いすを利用する際の妨げにもなりますので、できる限り解消して平らにしましょう。

「手すりの設置」

玄関や廊下、階段などに取り付けることで、上り下りや移動が楽になります。手すりは形状、素材、太さなどの種類が豊富ですので、どこにどのようなタイプのものを設置すると一番便利かを考えましょう。設置場所の状況によっては、壁の補強工事が発生することもあります。

「廊下幅の拡張」

車いすを利用するときなどに必要になることがあります。ただし、この場合は、大がかりな家の改築が必要になることもあるので、慎重に検討すべきでしょう。

「扉・ドアの取り替え」

ドアが狭い場合や、引き戸を引くのに力が必要である場合に意味があります。軽い力でスライドする引き戸にすれば、介護する人も便利になるでしょう。

「床材の取り替え」

廊下・玄関・脱衣所などにある滑りやすい床を滑りにくいコルク材などの床にすることで転倒を予防できます。

「浴室・トイレのリフォーム」

生活の質を改善するために大変重要です。浴室は事故が起きやすいため、安全に配慮された浴槽や床材に取り替えることが必要です。大がかりなリフォームができないときは、手すりを取り付けたり、滑り止めマットを設置したりするだけでも効果があります。

失敗しない・後悔しないリフォームをするためには、業者選びも重要なポイントです!

リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり