Now Loading...

節水トイレを設置できる場所とできない場所はある?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当の勇です!

前回に引き続き、節水トイレリフォームについてご紹介していきます!

節水トイレを設置できる場所とできない場所はある?

節水トイレは家の立地や排水口など、一定の設置基準をクリアしていることが必要です。水漏れや故障の原因ともなりますので、リフォーム前には必ず確認しておきましょう!

タンクレストイレは水圧が低く設置が難しいことも

タンクのないタンクレストイレは、タンク付きのトイレより水圧が低く設置できないことがあります。タンクレストイレにつながる水道の圧力が弱いと洗浄能力も低く詰まりやすくなるためです。

タンクレストイレでなくても、トイレへの水道の圧力が弱いとウォシュレット洗浄水の勢いが弱くなることも。低水圧に対応できる商品もありますので気になる方は問い合わせてみましょう。

床排水と壁排水では設置できる節水トイレに制限も

排水管を床に向けて設置する「床排水」と、排水管を壁に向けて設置する「壁排水」では節水できる水量が異なるので、設置可能な節水トイレに制限があることも注意しましょう。

築年数が高い建物では排水管の埋設状況が節水トイレに適さないことも。築年数は浅くても古い排水管を流用していることもあり、リフォーム前には排水管トラブルの点検をおすすめします。

また、リフォームをする際には、排水管の高圧洗浄などを同時に行い、排水管内部をきれいに清掃しておくと、将来的な詰まりを防ぐことができます

節水トイレトラブルの殆んどは詰まりです。一度詰まらせてしまうと修理費で節水費用の1年分位は消えてしまいます。

節水トイレは上手く活用すると水道代も節約できとても便利なものです。メリットとデメリットを比較し、ご自宅のトイレの設置条件を確認した上で、賢く活用していきましょう!

失敗しない!後悔しない!ためにも業者選びは重要なポイントです!

リフォーム専門店”リバイバル では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル  0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり