Now Loading...

和室から洋室にリフォームするメリット!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当の村田です。

最近、和室を洋室にリフォームする方が増えてきているようです。住まいによってリフォームできる範囲は限られてしまいますが、和室から洋室に変えるだけでもお部屋の雰囲気が変わるかと思います。できるだけ安い家賃のところを借りて、外見は和風でも部屋のなかが洋風になれば若い人でも住みやすくなるかもしれません。

そこで、和室を洋室にリフォームするメリットをいくつかピックアップしてみました。

その1 畳のカビやダニを防ぐことができる

和室の1番の悩みとなっている“畳のカビやダニ”。洋室にリフォームすればダニやカビを気にすることはありません。日本の気候は湿度が高く、畳が湿気を帯びてしまいます。湿気があればあるほどダニが住みつきやすくなり、ダニ対策をきちんとしないといけない手間や、ダニだけでなく、カビも要注意です。定期的に畳のメンテナンスをする必要がありますし、もしダニやカビの状況がひどい場合は畳を1枚変えなくてはいけないことになってしまいます。洋室にリフォームすれば畳ではなくフローリングになるため、ダニやカビの心配はいりません。また、フローリングは掃除がとても楽になります。

その2 自由にレイアウトができる

和室だとその部屋にぴったりな家具を選び、できるだけ畳に後がつかないように配慮していかなければなりません。重たいタンスや机を置いてしまうと畳にくっきりと後がついてしまうでしょう。ベッドも置くことができず、布団を使わざるを得なくなります。しかし、洋室にすれば自分が好きな部屋に変える事ができ、どのような家具でも雰囲気に合わせることができるのでオススメです。自由にレイアウトができるメリットが挙げられます。

利点3 洋服・荷物の収納を増やすことができる

和室の収納はほとんどがタンス・押入れです。どうしても機能性にかけてしまう押入れは自由に洋服を出すこともできなければ十分に収納することもできないでしょう。そこで洋室にリフォームすることで洋服や荷物の収納を増やし、上手に収納する事も出来ます。床をフローリングにしても押入れをそのままにしてしまうと部屋の雰囲気がおかしくなってしまいます。押入れやドアもリフォームしなければなりません。押入れをクローゼットに変えることで荷物や洋服を引き出しやすく、管理しやすくなるメリットがあります。

まとめ

和室から洋室にリフォームすることで得られる利点は主に3つあります。

  • 畳のカビやダニを防ぐことができる
  • 自由にレイアウトができる
  • 洋服・荷物の収納を増やすことができる

ただし、洋室をリフォームするとなると床だけでなく、クローゼットやドア・壁もリフォームしなければならないこともあり、費用が重なってしまいます。

施工に入る前にどのくらいお金がかかるのかきちんと把握しておくことが大切です。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり