Now Loading...

オール電化リフォームで地球にも家計にも優しい家づくり!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当勇です!

家で使用するエネルギーを電気だけに一本化する「オール電化」

うまく取り入れることができれば、省エネが実現して光熱費の削減にもつながります。

どんな設備を導入すればよいのかを詳しく解説していきます。

リフォームでオール電化を実現するには?

調理や給湯、照明、冷暖房といった住宅で使われる設備のエネルギーは、ガス・電気・灯油などで賄われてきました。リフォームでオール電化に切り替えようとする場合、ガス給湯器をエコキュート(ヒートポンプ式給湯器)電気給湯器、キッチンのガスコンロをIH調理器に交換して、電力会社と「オール電化」の契約を結ぶことになります。これによって家庭で使用する熱源を電気のみに一本化するというわけです。

オール電化リフォームでよく使われる設備

オール電化リフォームでは、以下のような住宅設備がよく使われます。

エコキュート(ヒートポンプ式給湯器)

大気中の熱を集めて利用する「ヒートポンプ」という技術を利用して、お湯を沸かす設備です。

ヒートポンプを使わずに電気ヒーターでお湯をつくる設備のことは「電気温水器」と呼びます。ともに夜間の割安な電気代でお湯をつくってタンクに貯め、そこから炊事やお風呂などに使うお湯を出します。一日の中でお湯をいつ、どのくらい使うかを記録し、お湯を沸かす量やタイミングを制御する仕組みがあるため、湯切れの心配もほとんどありません

IH調理器

電磁線を利用して鍋や食材を加熱し、調理をする器具です。

電気が流れない陶器や土鍋、電気抵抗の小さなアルミや銅の鍋などは使えませんが炎を発しないので、衣服に火が着くこともなく安全です。鍋底を直接加熱するため、エネルギー効率がよく、高火力・高性能。お掃除が簡単で清潔に保てるというメリットもあります。

電気式床暖房

床面を加熱して、床から直接伝わる熱(伝道熱)と床から部屋全体に広がる熱(ふく射熱)の組み合わせで部屋を暖めるシステムです。電気で発熱体を熱する方式と、電気で循環液を温める温水式があります。床面付近の暖かさはもちろんのこと、部屋全体をムラなく均一に暖められることが特徴です。ファンヒーターやエアコンなどに比べて空気が乾燥したり、埃が舞うことがないのもメリットの一つです。

太陽光発電

太陽光のエネルギーを電気に変換する設備で、屋根の形状などの条件によってはリフォームで新たに設置することも可能です。晴れた日中は太陽光発電の電気を使い、余った発電分の電力を電力会社に売ることもできます

失敗しない!後悔しない!ためにも業者選びは重要なポイントです!

リフォーム専門店”リバイバル では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル  0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり