Now Loading...

鉄骨造をリフォームする時の注意点!構造は?寿命はどのくらい?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルブログ担当の勇です。

鉄骨造の建物をリフォームする場合、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?築年数がある程度経っている中古の鉄骨造の建物を購入し、リフォームを行って居住したい方向けに、鉄骨造のリフォームの注意点をご紹介します。

鉄骨造とはどのような構造の建物なのか?

鉄骨造とは、構造部分が鉄骨で作られている建物のことです。

RC造やSRC造などの鉄筋コンクリートで作られた建物の場合鉄筋入りのコンクリートによって建物の構造が作られていますが、鉄骨造は柱や梁部分が鉄骨で作られた建物ですので、構造的には木造住宅に近いと言えます。

また、鉄骨造では使用している鉄骨の厚みによって強度や寿命が変わり厚みが6mm以下のものは軽量鉄骨、6mm以上のものは重量鉄骨と呼ばれており、重量鉄骨の方が強度や耐久性、耐震性の面で有利です。

そのため、中古の一戸建住宅を購入してリフォームやリノベーションを行う場合、重量鉄骨を用いた建物を選んだ方が良いと考えられがちですが、重量鉄骨は強度が高すぎるため、一戸建住宅にはほとんど用いられていません。

重量鉄骨を用いた鉄骨造は、主にビルやマンションなどの大規模な建物に用いられています。

一戸建住宅の場合には、鉄骨の厚みが6mm以下の軽量鉄骨を用いることが大半ですが、軽量鉄骨でも鉄骨の厚みが4mmか5mmかによって強度や耐久性、耐震性は大きく変わりますので購入の際にはこの点に注意しておくと良いでしょう。

鉄骨造の建物を購入する際には、このように構造材として用いられている鉄骨の厚みが重要なポイントとなりますが、その他にはどのような注意点があるのでしょうか?

鉄骨造の寿命は何年くらい?

中古の鉄骨造の建物を購入するにあたり、注意しなければならないのが建物の耐用年数です。

鉄骨造の建物の耐用年数については、国税庁が減価償却年数として公表しており、鉄骨の厚みによってこの年数は大きく変わります。

国税庁が発表している法定耐用年数のリストを見てみると、4mmを超える鉄骨を利用している場合は34年、3mm以上4mm以下なら27年、3mm以下の場合は19年です。

木造住宅の法定耐用年数は22年ですので、中古住宅を購入してリフォームやリノベーションを行う場合には、最低でも3mm以上の鉄骨を利用している建物を選んだ方が良いでしょう。

次回も鉄骨造をリフォームする際の注意点をご紹介いたします。

リフォーム専門店”リバイバル では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル  0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり