Now Loading...

シックハウス症候群の予防・対応策編

こんにちは!リフォーム専門店”リバイバル”ブログ担当の村田です。

予防と対応策についてご紹介したいと思います!

窓開けと換気

シックハウス症候群の予防や軽減するには、窓開けと換気が基本となります。現代の住まいはマンションや一戸建てを問わず、アルミサッシの窓によって気密性が非常に高く、化学物質などが蓄積しやすい環境にあります。

単身者や共働き夫婦の場合には、一日の半分以上の時間、部屋が締め切り状態ということも少なくはないかと思います。帰宅時には室内の化学物質濃度がかなり高くなっています。また反対に、お年寄りの場合は丸一日自宅にいることも多く、長時間にわたり化学物質の影響を受けることになってしまいます。

こうした室内環境を変えるためには、できるだけ窓開けと換気をすることが大切です。朝起きたら窓を開けて、換気扇を回す。帰宅した際も窓を開けて、換気扇を回す習慣をつけるといいかもしれません。窓開けと換気扇の使用を一緒に行うことで、室内の換気を速くすることができます。

またエアコンをつけていると、空気が自然に入れ替わると思い違いをしている人が多いようですが、家庭用エアコンのほとんどは室内の空気を循環させるだけです。窓開けや換気をしないと、汚れた空気が溜まっていく原因にもなります。

新しい住宅やリフォーム直後の住宅の場合には、入居前にできるだけ換気をしておくこと。また、入居後もホルムアルデヒドの濃度が下がるまでの数カ月間は、1時間に1回程度のこまめな換気をすることが大切です。

古い住宅でも、タンスなどの大きな家具やカーテン、絨毯を替えたことがきっかけで、シックハウス症候群を起こすことがあります。この場合にも、窓開けや換気でしっかり対応しましょう!!

さらにカビやダニの予防にも、窓開けと換気が効果的です。高温多湿の時期はとくに湿気がたまりやすいのは、北側の押し入れ・タンス・ソファの裏側の壁・バスルーム・洗面所などです。時々は窓だけでなく各部屋の戸も開けて、空気を通すように気をつけましょう。押し入れの場合は戸を開けたうえで、扇風機で空気を入れ替えると効果的です。

リフォーム専門店リバイバル では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル  0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

 

 

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり