Now Loading...

ウォシュレットトイレから水漏れ!?原因・対処法をご紹介!

こんにちは!リフォーム専門店”リバイバルブログ担当の村田です。

トイレの水漏れは、トイレタンクや配管から起こるケースがほとんどですが、実はウォシュレットからの水漏れも起こることがあります。ウォシュレットから水漏れしてしまい、対処が分からず困ってしまったことのある方もいるのではないでしょうか?今回は、ウォシュレットトイレの水漏れについて、原因や対処法などをご説明していきます。

近年、様々なトイレで見る機会が多くなった温水洗浄便座。家庭のトイレはもちろん、ショッピングセンターやホテル、企業のオフィスなどあらゆる場所でウォシュレットが使われています。ウォシュレットの普及が増えてるにあたりウォシュレットによるトラブルが多くあります。トイレの中でもウォシュレットは、細かいパーツがたくさんあり、時間とともに劣化してしまう箇所も多くなりがちです。使用年数が経ってしまっているものは、それだけ水漏れなどのトラブルのリスクも高くなります。

ウォシュレットの水漏れの原因

トイレは普段から当たり前のように使っている物なのであまり意識することがないかもしれませんが、ウォシュレットは立派な家電製品です。普通の便器と同じように拭き掃除はしても、細かいパーツの部分を掃除する方はあまりいないのではないでしょうか。そうした状況では、気づかないうちに見えない部分に汚れが溜まり、部品の劣化や動作不良を引き起こす原因にもなります。それはやがて水漏れの原因となってしまう可能性があるため、日頃から注意が必要です。また、パッキンが劣化することによって水漏れが起きることもあります。少しでも異変を感じたらすぐ止水栓を閉めましょう。

自分でできるウォシュレットトイレの故障を防ぐ為の対処法

ウォシュレットの劣化を防ぐために、日頃からメンテナンスをしておくことは非常に大切です。特に温水が出てくるノズルの部分を掃除する方は少なく、放置してしまうという人がほとんどだと思います。しかし最近の温水洗浄便座には、簡単にノズルの掃除ができるように”ノズル洗浄ボタン”というものがあります。そのボタンがあれば簡単に掃除することが出来ます。ウォシュレットの水漏れは、ノズル周辺の原因の他に、接続部分が原因のものやトイレタンクが原因のものなどが考えられます。特にパッキンというのは経年劣化しやすい部品です。ボルトの緩みが原因であれば締めてしまえば解決しますが、パッキンに原因がある場合は、ボルトをどれだけ締めても水漏れしてしまいます。

まとめ

ウォシュレットからの水漏れは対処方法が分かりづらいので、困ってしまう方が多いかもしれません。自分で普段からメンテナンスを行うことも大切です。対処が厳しいときは業者に見てもらうのが一番です。

 

弊社では、リフォームだけでなくガスや水道の緊急駆け付けサービスも行っております。

またリフォームをご検討中の方は、リフォーム専門店”リバイバル”0120-787-919までお問い合わせ下さい!

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり