Now Loading...

ご高齢の方にオススメな安全性の高いキッチンとは?

こんにちは!

リフォーム専門店リバイバルブログ担当の勇です。

キッチンの作業は、歳をとると徐々に疲れを感じやすくなってきます。今回は、身体にかかる負担を少しでも減らし、尚且つ安全性の高いキッチンとはどのようなものなのかを詳しくご紹介いたします。

身体への負担が少なくなるキッチンとは?

キッチンなどは、下ごしらえをする時などは、座ってできれば作業がグンと楽になります流しの下に空間があるタイプなら、椅子を置いても大丈夫です。また、シンク前には”サポートバー”が付いていれば、立ち仕事の時に体重をあずけると、足腰にかかる負担が少なくなります

(参考画像/リクシル)

その他にも”腕を上げる動作がきついため吊戸棚の上の方を使わなくなってしまった“というお声もよく聞きます。「オートダウンウォール」と呼ばれる吊戸棚なら、バーに優しく触れるだけで自動的に収納庫を上げ下げできるので余計な力をかけずに済み、とても重宝します。

(参考画像/リクシル)

設備機器は安全性が高く作業が楽になるものを!

☑加熱機器

高齢になるのに備えてコンロを電気式のヒーターに替えたというケースも良くあります。その理由として、IHヒーターは火を使わないので日の燃え移りや火災の心配が少ないということです。もちろん、鍋底の温度の上がりすぎや、スイッチの切り忘れ防止といった機能も付いて安心です。また、火力が非常に大きく表面に凹凸がないので、使うたびにサッとキレイにでき、お掃除も簡単にすることができます。

☑レンジフード

IHヒーターの場合は、加熱時に火を使わないので周りの温度が上昇せず温度差によって生じる上昇気流がおきません。そのためレンジフードは、上昇気流を作りながら煙を吸い上げるタイプがオススメです。目の高さに設置する(アイレべルタイプ)なら、パネルに手が届きやすくお手入れもしやすいです。

(参考画像/リクシル)

☑食器洗い乾燥機

手洗いに比べて汚れ落ちが抜群によく、布巾を使わないので衛生的です。食べ終わったら片付けは器械に任せられるので家事の負担も少なくなります。

床材には足腰に優しい素材を選び暖房器具も用意しよう!

キッチンの床材には、なるべく足腰に負担の少ない素材を使いたいですよね。例えば木質系のコルクは、弾力性や保温性があるので、歩いた時にソフトで温かな感触があります。値段を抑えたい場合には、クッションフロアがオススメです。弾力性があるので疲れにくく、食器を落としても割れにくい床材です。また、冬場の寒さ対策として、床暖房を設置しておくこともオススメです。エアコンと比べると立ち上がりに時間はかかりますが、一度温まると足元からほんわりと温まり、実際に”腰痛やヒザの痛みが和らいだ”という声も良く聞きます。

以上がご高齢の方にオススメな安全性が高いキッチンです。

上記の事を踏まえてキッチンリフォームをお考えの方は、弊社までご相談ください。

リフォーム専門店リバイバル” では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!
また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル” 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり