Now Loading...

マンションリフォームを行う際の注意点とは?

こんにちは!
リフォーム専門店リバイバルブログ担当の勇です。
お住まいを買い替えることなく、さらに住み良い環境へと生まれ変わらせるマンションリフォームですが、経年劣化による設備の老朽化や汚れなど、気になっている方も多いのではないでしょうか?

とはいえ、リフォームをする上で押さえておきたいポイント・注意するべきポイントがよく分からないという声も少なくありません。

「リフォームをスムーズに進めるためにはどうすればいいの?」
「マンションの『専有部分』と『共有部分』って聞くけど、いまいち違いが分からない…」
など疑問を持つ方もいるはずです。

今回はそんなリフォームの中でも特に注意が必要な「マンションリフォーム」についてご紹介します。
マンションは一戸建ての建物とは違い、ひとつの建物を複数の世帯で所有している関係上、通常のリフォームに加えて次のようなことに気をつける必要があります。

1.リフォームできるところとできないところを確認!

マンションは専有部分と共用部分に分かれています。
このうち、リフォームができるのは専有部分のみになります。
共用部分には階段や廊下などの他に、建物の構造駆体部分やメイン給排水管・玄関ドア・サッシ・バルコニー・専用庭などが含まれます。

構造上の問題・避難上の問題・美観上の問題などで、原則として共用部分は勝手にリフォームができませんので注意が必要です。

2. 管理規約など、そのマンションのルールを管理組合に確認!

リフォームする前に管理組合に相談することも重要なポイントです。
リフォームできる範囲はもとより、フローリングの遮音等級の規制など、リフォームする際の細かい規約や届出の必要の有無などを知ることができて安心です。
また、建築時の図面なども管理組合で保管しているケースが多いので確認しましょう。

3. 同一階や上下階の方には特に配慮が必要です

マンションでリフォームする際は、騒音や資材の運搬などに気を配ることが大切です。
管理組合やリフォーム会社と相談して、自宅を中心に同一階や上下階の方への配慮とごあいさつが必要です。

4. 水まわりの位置変更に気をつけましょう

水まわりの大きな位置変更は排水の勾配などにも配慮することが必要ですので制約が生じる場合があります。
また、給水管が古くて壊れやすくなっている場合は漏水の危険があるため、部分的なリフォームができず、給水管全体のリフォームが必要な場合もありますので、水まわりの位置変更を伴う工事には注意が必要です。

マンションのリフォームをお考えの方は上記のことを注意しましょう。
リフォームで失敗・後悔しないためにも業者選びは重要なポイントとなります。

 

リフォーム専門店 “リバイバル” では、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、
各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!
また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店 “リバイバル” へお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-787-919

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり