Now Loading...

危険なヒートショック!対策リフォームをして家庭内での事故を減らそう!

危険なヒートショック!対策リフォームをして家庭内での事故を減らそう!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルです。

猛暑だった夏も終わり、朝晩が冷え込む時期に入りましたね。本格的な冬が来るのも目前となりました。
そんな真冬の時期の入浴の際、脱衣所が寒すぎて、せっかく温まったのにすぐに身体が冷えてしまう、、とお困りの
方も多いのではないでしょうか?

実は浴室は家の中で最も温度差が大きい場所!!

日常生活で室内の温度差が10°C近く変わっているとしたら、身体の中もその温度差に適用しようとパニックになります。
身体に負担がかかっているということは明白ですよね。

今回はそんな、家庭内で起こる危険なヒートショックについて危険な点や対策について詳しく解説していきます。

家庭内事故ヒートショックとは?

家族がよく集合するリビングなどは暖房器具を頻繁に使っているので常に暖かいですが、脱衣所や浴室に暖房器具を設置して細目に暖めるという家庭はほとんどいません。

冬の時期、暖房で暖かい居間などと暖房器具を設置してない場所との温度差が10℃以上になることは稀ではありません。
暖かい場所から寒い場所への移動、または、入浴中後の脱衣所までの移動の際には急激な温度変化が短時間のうちに起こります。これにより、血圧の急激な上昇や下降が引き起こされることを、「ヒートショック」といいます。

特に高齢者の方は注意が必要!!

ヒートショック”は体に大きな負担をかけるため、冬の入浴中に起こる突然死の大きな要因となります。たとえば、急激に血圧が上昇した場合は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などで最悪の場合、死に至る恐れがあります。また逆に、急激に血圧が低下した場合は脳貧血を引き起こし浴槽で目眩を生じて怪我をしたり、溺れたりする事故が発生する危険性もあります

実は家庭内の事故の中で入浴の際の事故がもっとも多いと言われ、高齢になればなるほど割合が増えていきます

危険なヒートショックから身を守るには?

毎日安心して、入浴をするにはどうすればいいのでしょうか?

家全体の断熱では大掛かりな工事になってしまい費用もかかります。そこでまずは浴室内の断熱から対策しましょう!
湯船から洗い場への移動の際にも浴室全体に断熱対策が施されていて暖かければ、急激な温度差によるヒートショックの発生を防ぐことができます。

浴室を断熱対策することによって、健康リスクを回避できるだけではなく、心までリラックスできる快適な空間へとなります。

進化するユニットバスで浴室リフォームを!!

住宅設備機器メーカー各社の最新のユニットバスは驚くほどに高性能化しています。

のユニットバスは断熱対策されていないものがほとんどで、寒いお風呂ばかりでした。ですが最新のユニットバスは浴室全体に断熱対策が施されているので、魔法瓶のように暖かさが続きます。
オプションにはなりますが浴室換気乾燥暖房器も合わせれば冬場の入浴より快適になります。

また断熱された浴槽は暖かさが持続し冷えにくいので追い焚き回数も減らせることができ、結果省エネにも繋がります。

オススメなユニットバス4選!

1.クリナップ アクリアバス


※クリナップカタログ引用

一戸建て・マンションどちらにも対応するユニットバスです。床に向かって噴出する「床夏シャワー」で、入浴前に浴室を暖めることができます。
更に、「高断熱浴槽」や「浴室まるごと保温」で暖かさを持続。ある程度の時間が経過しても温度が下がらないのが特徴です。
また、オプションとして洗面所に壁付け暖房「HOTウォール」も設置が可能です。

2.TOTO サザナ


※TOTO HPから引用

一戸建て用の製品の中でも人気のユニットバスです。「魔法びん浴槽」でお風呂のお湯が冷めにくい構造になっています。また、「ほっカラリ床」の断熱クッション層が、足元からくる冷えた空気をシャットアウトしてくれます。
更に、オプションで浴室全体を断熱材で包む施工ができたり、浴室や洗面所に暖房を設置して、入浴前に暖めることもできます。

3.パナソニック リフォムス


※パナソニックカタログ引用

一戸建て・マンションのリフォーム向け商品です。
一戸建ての場合、標準装備で床暖房、暖房換気乾燥機、保温浴槽、床・壁・天井断熱が施されています。
また、マンションの場合は保温浴槽が標準装備されており、オプションで壁の断熱や暖房換気乾燥機の施工が可能です。

4.LIXIL リノビオV


※LIXIL HPから引用

冬でも寒さを感じにくいLIXIL独自の断熱構造の“キレイサーモフロア”で寒い日も足元がヒヤッとしません。
更に、浴室保温材によってお湯を冷めにくくした“サーモバスS”で保温組フタとのダブル保温構造により、4時間経っても水温が2.5℃しか下がらないように設計されているのでお湯を温め直す必要がなくなり、光熱費の削減に繋がります。
また、浴室の天井・床・壁に保温材がプラスされている“天井・壁・床まるごと保温”性能もあるので寒い冬でも暖かい浴室で入浴できます。

更に対策したい方はオプションの浴室暖房を設置しましょう!

脱衣所で服を脱いで浴室に入ると、身体は急激な温度の変化に対応しなければなりません。この温度差をなるべく少なくするには、浴室暖房でお風呂場を暖めておくのがオススメです。

浴室暖房は後付けも可能ですが、ユニットバスのリフォームを検討中ならユニットバスのリフォームと一緒に設置すると手間や費用面においても利点が多いので一緒に設置するようにしましょう。
基本的に乾燥機能も付いている物が多いため、雨の日の室内干しにも便利です。

本格的な冬が来る前に、ヒートショック対策リフォームをお考えの方は、お気軽に弊社リバイバルへご連絡ください。

弊社リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル” 0120-787-919へお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-787-919

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり