Now Loading...

和室から洋室にリフォームしたい!注意点や業者の選び方のポイントは?

和室から洋室にリフォームしたい!注意点や業者の選び方のポイントは?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルです。

使いにくくなった和室を洋室にリフォームしたい!と考えている方は、年々上昇傾向にあります。
畳はカビやダニが発生しやすく、アレルギー体質の方にとっては悩みの原因ですよね・・・

また、畳・障子・襖は、表替えや張替えといった細かなメンテナンスが必要であり、車いす生活している方にとっては、全面フローリングの方が過ごしやすいといった理由から、思い切って和室を洋室に変更するリフォームが注目されています。

今回はそんな、和室から洋室に変更リフォームする際のポイントや注意点、業者の選び方などを詳しく解説していきます。

和室から洋室にリフォームする際の重要ポイントとは?

和室を洋室にリフォームする際には、どこまでの範囲を洋室へ変更するのかを、まずは検討する必要があります。
全体ではなく、襖のみを洋風の建具に変更する方もいれば、押入れをクローゼットにリフォームする方、畳をフローリングに張り替えるだけのリフォームを行う方などもいて、リフォームにも様々なパターンがあるので、事前にどこまでの範囲でリフォームするかを考えておきましょう。

和室を洋風にリフォームする際の3つの注意点!

和室を洋風にリフォームする際には、どのような点に注意する必要があるのでしょうか?

1.元々の壁・床の素材などを十分に気をつける

和室の場合ですが、内装に土壁や畳が使用されていることが多く、これらの建材はそれ自体に断熱性と、防音効果があるので、和室から洋室にリフォームを行うときに土壁や畳を排除してそのままリフォーム工事を行ってしまうと、足音が響くようになる、生活音が聞こえやすくなる、冬場に寒さを感じるなどの問題が起きることがあるのです。

施工の際に壁や床に断熱材を使用すれば、これらの問題の発生を防ぐことができます。

また、土壁の場合になると、ベニヤ合板などの下地材を使用されているので、土壁を残したままクロスを貼ることもできます。
断熱材の施工などが難しいといった場合にはこのような工法を用いてリフォームを行うのもオススメです。

2.マンションのリフォームを行う前に管理規定を確認する!

マンションの場合は、専有部分内でしかリフォームが出来ない為、隣家との境目になっている壁をリフォーム工事することはできません。
また、マンションによっては床材の防音基準などが定められている場合もありますので、リフォームを行う前に管理規定を調べ、どのような工事が可能か確認しておくようにしましょう。

実際に工事を行う際も、業者がマンションを出入りすることになるため、管理組合に連絡して、駐車スペースや作業時間についての確認を行う必要があります。

3.ドアの形状にも注意が必要!

一般的な和室の場合、部屋との境目には襖などの引き戸が使用されています。

和室から洋室へリフォームする場合には、扉の形状を開き戸に変更する場合、開口部の形状を変更するリフォーム工事を行わなければなりません。

開口部の工事を行って間仕切り壁を追加するとなると工事費用がさらに高くなるため、費用を少しでも抑えたいという場合には、敷居を流用して引き戸だけを洋風のものに変える方法をとるのも良いでしょう。

業者の選ぶ際の4つのチェックポイント!

和室を洋風にリフォームする際の業者選びではどのような点に注意すると良いのでしょうか?

 1.担当者をチェック!

見積りを依頼する際や、問い合わせの際には、業者に直接連絡を行います。この時、担当者の対応を良く見ておくと良いでしょう。

問い合わせてすぐに返答がもらえる、細かな疑問にも嫌がらずに答えてくれるなど、対応の良い担当者なら工事中にトラブルが発生したとしても、満足いく対応が受けられる可能性が高いと考えられます。

 2.実績をチェック!

リフォーム業者のホームページなどを確認し、今までにどのようなリフォーム経験があるのかを事前に調べておきましょう。

数多くのリフォーム工事を手掛けている業者なら、仕上がりの良さを期待できますし、施工箇所によって注意しなければならないポイントを把握しているため、工事中のトラブルを未然に防ぐことができるでしょう。

特にマンションのリフォームでは、管理組合とのやりとりも必要となってきますので、マンションのリフォームに慣れているリフォーム業者に工事を依頼した方が工事手順で問題が起こりにくくなります。

 3.ネットの口コミをチェック!

インターネット上には、リフォーム関連の情報サイトが多く開設されており、リフォーム業者に関する口コミをまとめているサイトも公開されています。

地元密着型のリフォーム会社の場合はインターネットで口コミを調べるのが難しい場合もありますが、このような場合は知り合いなどで実際に工事を行った方がいないか探してみると良いでしょう。

注意点として、インターネットの口コミサイトは誰でも登録が可能なため、業者が自社に良い口コミを投稿していたり、商売敵が意図的に悪い口コミを投稿していたりする可能性を否定できません。

口コミの調査を行う際には、きちんと内容を確認し、できるだけ信頼のできる口コミの多いリフォーム業者を選びましょう。

 4.複数の業者に見積もりを取り、他社と比較する

社に見積りを依頼して内容を比較する相見積もりも、業者選びの方法としてオススメです。

相見積もりを行えば、依頼内容に対してどれだけ自宅の状況に合ったリフォーム工事が可能なのかを比較することができる上、費用面でもどのリフォーム業者が一番お得なのかが分かります。

また、一度は会社を訪問しておくべきでしょう。資材置き場や工事車両などが小規模でもキチンと整備され、責任者が工事実績などをしっかり具体的に説明してくれるような業者であれば安心ですが、中にはデスクと電話だけで100%外注工事の営業専門会社もあるので要注意です。

和室から洋室へのリフォームをご検討中の方は、お気軽にお問合せください。

弊社リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル” 0120-787-919へお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-787-919

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり