Now Loading...

断熱リフォームで冬の寒さ対策を!!

断熱リフォームで冬の寒さ対策を!!

こんにちは!リフォーム専門店のリバイバルです。

11月も残りわずかとなり、いよいよ厳しい寒さの時期が近づいてきました。皆様は、寒さ対策をきちんとされていますか?
住宅の屋根などの断熱性能があまり良くないと、夏は太陽熱で部屋の中が熱くなり、冬は暖まった熱気が外へ排出して部屋の中が寒くなるなど、非常に住みにくい住宅になります。


そこで今回は、
暮らしやすさだけでなく、冷暖房の電気代の節約にも繋がる屋根の断熱・遮熱リフォームについて、ご紹介いたします。

断熱リフォームを行う前に事前に知っておくべきこととは?

「夏は暑くて冬は寒い自宅をなんとか改善したい!」といったように、断熱リフォームについてお考えの方も少なくはありません。冷暖房等の電気代節約にもなる断熱リフォームですが、適切なものを選ばないと、思い通りの効果になるどころか、逆に使い勝手の悪い家になってしまう可能性があります。

屋根を断熱リフォームするメリット•デメリットは?

・メリット

冷暖房器具の電気代の節約効果

部屋の中で暖かくなった空気が外に排出されにくくなるため、冬の部屋の中を暖かくするために使うエアコンなどの暖房器具の電気代を節約することが可能です。

ロフトや吹き抜けの斜め天井など幅広いデザインが可能

屋根裏空間が室内と同じ環境になりますので、
屋根裏の空間を利用しやすくなります。
ロフトや吹き抜けの斜め天井などデザイン的に変化もつけやすくなります。

通気層によって輻射熱を防止

天井断熱の場合、小屋裏全体の空気が熱せられ、輻射熱が発生し、二階が熱くなりやすい傾向があります。

一方で、屋根断熱は通気層によって輻射熱による二階の加熱を防ぐことができます。
二階以上に部屋があっても、夏を快適に過ごすことができるというのが屋根断熱の機能面でのメリットと言えるでしょう。

・デメリット

長期の工事や断熱材費でコストがかさむ

屋根断熱にするデメリットは、工事が長期になり、費用がかさんでしまうことです。
屋根は天井よりも面積が広いため、工事がより長期なものになってしまいます。

また、面積が広い分より多くの断熱材が必要になるので費用も高くなります。

屋根の断熱と天井の断熱はどちらが良いの?

屋根の断熱リフォームと似ている工事に、天井の断熱リフォームが挙げられます。
屋根の断熱リフォームが主に、屋根の外と内の両方で工事をするのに対し、天井の断熱リフォームは、屋内の天井で工事します。

しかし、天井の断熱リフォームをした場合でも、事前に屋根の断熱リフォームを施工していなければ、屋根裏部屋と天井の間の空間に熱気が留まってしまい、暖かくなった熱気が輻射熱となって住宅の中に入ってしまう可能性があります。
屋根裏部屋
に熱が留まる現象を防ぐには、屋根裏部屋に通気口を設置するリフォームをするのが理想的です。
断熱性能が低い屋根材を使用している住宅や、屋根裏部屋のロフトを上手に活用したいなどの理由があるのならば、屋根の断熱リフォームを選びましょう。

屋根の断熱と天井の断熱の併用は注意が必要!

夏の暑さをシャットダウンするためには、日光を効率よくカットすることが重要です。そのためには屋根と天井の断熱が大切なポイントですが、両方の断熱工事をすれば効果が高まるのかと言えば、必ずしもそうではありません。併用の仕方を間違えてしまうと逆にデメリットが発生してしまう可能性もでてきます。

屋根断熱の方法は大きく分けて2種類!

屋根の断熱リフォームの方法は、屋根の外側から施工する場合のものと、内側から施工する場合のものの2つの種類に分けることができます。

1.屋根の外側での断熱リフォーム

断熱性の高い屋根材にふき替えるリフォーム

屋根材の中でも、日本瓦は特に強い断熱性能があります。古くなった屋根材を日本瓦にふき替えることによって、断熱性能の強い屋根にすることができます。
また、断熱性があまりない屋根材は、トタン屋根などの金属屋根です。
金属は熱伝導率が強いので、断熱材付きのものでない場合、屋根材自体が高温となり、住宅の中により強い熱気を送ってしまいます。


屋根のふき替えの費用は、数あるリフォームの種類の中でも高額です。日本瓦はその中でも特に高価な屋根材と言えるでしょう。
もし、現在使っている屋根材が、取付けをしてからまだ何年も経っておらず、定期的なメンテナンスが施されていて保存状態も問題無いなら、高額な費用をかけて日本瓦へ葺き替える手段はオススメできません。

ですが、設置して約2030年以上も経過しており、屋根材自体がひどく損傷している状態であれば、葺き替えを検討すべき頃合いだと思います。

屋根のカバー工法による断熱リフォーム

カバー工法とは、既存の屋根材の上から別の屋根材で覆う工事のことを言います。屋根が二重になるため、断熱性を更に高めることができます。
カバー工法は、屋根全体をふき替える工事と比べると、安価な費用で取付けすることができますが、安いという理由だけで選んでしまうと、家の耐久性を損ねる可能性もあるのでオススメできません。

カバー工法が設置された屋根は、屋根材が二重になりますので厚みが増す分、建物全体の重量も増加します。また、屋根が重いということは、重心が不安定になるということでもあります。
上部が重い建物は、地震のときなどに建物が揺れやすくなり、壁や柱に大きな負担がかかってしまうので、カバー工法を安易に選ぶのは、なるべく避けた方が良いと言えます。

また、カバー工法を選ぶ際に良く見落としがちなポイントなのが、屋根材の下の野地板や防水シートの劣化です。
カバー工法を選ぶ際は、5年以内に雨漏りの点検が完了済みだということ、取付けをしてから25年未満の屋根材であることを把握し、心配であれば、事前にリフォーム会社に点検を依頼した上で実施しましょう。

2.屋根の内側での断熱リフォーム

内側とは屋根裏部屋の方から屋根に断熱材を補給するリフォームのことです。

屋根の裏側に断熱材を補給するリフォーム

パネル状の断熱材を、屋根の裏側に敷き詰めていく工事が行われます。
更に断熱性の高い「ウレタンフォーム」を吹き付ける方法を選ぶと、費用が格段に安くなります。

屋根の断熱リフォームが得意な会社を探すには?

リフォーム業者を依頼する際、より良い業者に依頼したいですよね。そのためにネットの口コミなどで実績がより豊富なリフォーム業者を探しましょう。

そして実際に見積もりを取る時にも複数のリフォーム会社に見積もりを依頼して、その中でもより詳細な見積もりを提示してくれる業者、説明が明確で分かりやすい業者であれば安心できるでしょう。

工事が完了した後も不具合などの問い合わせや問題がでてしまった際のアフターフォローをきちんとしてくれるのかどうかということもチェック項目となります。

また予算的にどの程度まで考えているのかなども明確に提示できるとリフォーム業者の方でもリフォーム内容の提案がしやすくなるので、ある程度検討して事前に準備しておくのも良いでしょう。

追加の工事が出ないように注意しましょう!

同じ断熱リフォームでも、どんな断熱材を使うか、既存の断熱材も一緒に利用できるのか、天井に入って工事しやすいかなど、住宅の状況によって工事方法や、費用が異なってきます。
工事を進めていく途中で施工の仕方が変更になることがある場合、追加の工事に必要になる部品や断熱材などを追加発注することになる可能性も…。

そうなると見積もり金額を大きく超えてしまうことにもなりかねない為、実際に工事を始める前に質問や要望などがあれば工事を依頼するリフォーム会社にしっかりと伝え、予め曖昧な点がないようにしておくことも重要なポイントです。

リフォームは一生のうちに何度もするものではありません。失敗しない・後悔しないリフォームをするためにも業者選びがとても重要となります!

弊社リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル” 0120-787-919へお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-787-919

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり