Now Loading...

リフォームの中でも人気な洗面台のリフォーム!注意点や重要なポイントとは?

リフォームの中でも人気な洗面台のリフォーム!注意点や重要なポイントとは?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバルです。

洗面所は家族全員が手洗いや洗顔、歯磨きと毎日かなりの頻度で使用するため、どうしても傷や色あせ、収納の不具合など、劣化の出やすい箇所と言えるでしょう。また、浴室の横にあることが多いため、湿気がこもりやすいので洗面台の床が痛みやすいという特徴もあります。

今回はそんな、洗面台をリフォームする際に注意しておきたいポイントなどを詳しくご紹介いたします。


洗面台
リフォームをする際の3つのポイント!

洗面台をリフォームするには、高さや使いやすさ、収納力など、事前にきちんとチェックしておきたいポイントがあります。
「まだまだ使えるからリフォームの必要はない」と使い勝手が良くないのを我慢して毎日使い続けるよりも、今の状況に合わせて適切な洗面台にする方がより一層快適になると言えるでしょう。

そこで、洗面台のリフォームを失敗しないためにも重視するべきポイントは以下の3点となります。

①洗面台の高さや機能

洗面台のリフォームの際には、大きさだけではなく、高さも重要なポイントの一つです。使う人の身長を考慮しないと、洗面台が低すぎて腰を痛めてしまう原因になる場合があります。
反対に洗面台が高すぎると、洗顔の際に水が肘を伝って床が水浸しになることも...。
家族にとって使いやすい洗面台を選ぶのが重要となります。

②収納と動線をチェック!

多くの一般の住宅の洗面室は浴室に隣接しています。
洗面台と洗濯機を置くので精一杯の間取りだとした場合、収納場所は洗面台の下キャビネット内や、他には造りつけの少量のスペースの物入れといったパターンが普及されています。

洗面室は手洗いや洗顔、歯磨きなど、毎日使用する場所ですが、入浴の前後で使用する場所でもあります。
入浴の際に脱着衣する場所なので、
この際に使用する部屋着やタオルも洗面室内に収納した方が動線がスムーズになりますよね?

このように、洗面室内に衣類を収納する場所が欲しい!とお考えの方は、洗面台のタイプを選ぶ際にもし小さめのサイズを選ぶことが可能なら、小さいサイズを選び、空いた部分を収納場所に変えるといいでしょう。

トールタイプのキャビネットにすると幅が少し狭くても高さがあり収納ができるので、家族分の部屋着やタオルは十分収納が可能です。
ですがもしも、洗面台を小さいサイズのものにできないといった場合は、洗濯機の上部に大きくあいた空間を有効に活用し収納スペースを作ったり、洗面台の下の部分がワゴンになっているタイプを選んで日常的に使用しやすくするといった事もできるので、事前にリフォーム会社に相談すると良いでしょう。

③費用

洗面台のリフォームでは、洗面化粧台の本体費用とキャビネットといったオプションの費用で構成されます。

しかし、洗面台のリフォームでは、クロスや床の張替え、洗濯機パン(洗濯機を置く台)の交換なども同時に行うケースが多いため、リフォーム全体の費用を考えた上で、洗面台にいくらかけるのかよく考えておく必要があります。
こちらもよくリフォーム会社と相談しましょう。

洗面台リフォームの注意点とは?

浴室や台所と同じように、洗面台も頻繁に水を使う場合が多い箇所と言えます。
しかし台所や浴室ほど、清掃のしやすさにこだわらない人が多いのも事実です。

洗面台は水を使うのに加えて様々な作業をするだけにたくさんの汚れがつきやすい場所です。
実際に洗面台のリフォームを行う際の注意点を詳しくまとめてみました。参考にしてください。

①お手入れのしやすさを考える

近年、洗面台の洗面ボウルの部分に汚れの付きにくい素材を使っている商品が増加傾向にあります。

デザインの好みにもよりますが、カウンター部分と洗面ボウルの部分が一体型で仕上げられているタイプだと継ぎ目がなく、毎日のお手入れが楽になるでしょう。

洗面台本体だけでなく、周辺にも清掃のしやすい仕上げ素材を選ぶのもオススメです。
洗面台の片方もしくは両方に壁があるなら、耐水性が高いタイプの壁紙にすると湿気によるカビの発生を抑制してくれます。

また小さいお子様がいると洗面台の前の床を水びたしにしてしまうこともよくあることです。
耐水性が高いクッションフロアやフローリング材でしたら、ささっと拭ける上に滑りにくいので、毎日のお手入れのしやすさと安全性の双方を叶えることができるでしょう。

②洗面台の下キャビネットは用途に合わせて選ぶ

最近の洗面台は幅に合わせていくつかのメーカー推薦プランが選べるようになっています。中には洗面ボウルや下キャビネットを自由に組み合わせられることが可能なシリーズも増えてきました。

給排水位置にもよりますが、収納スペースをたくさん確保したいならキャビネットタイプを、メイクなどを洗面室でする場合は、椅子が内蔵されているタイプを、洗濯カゴやゴミ箱を置く場所がないのであれば、扉付きのオープンスペースタイプを選ぶのがオススメです。

洗面台のリフォームのまとめ

洗面所のリフォームで中心になるのは、やはり洗面台の交換でしょう。最低限の機能を揃えたシンプルなものから、近年は、節水シャワーや三面鏡など機能性に優れたものがたくさんあるので、ご家庭に合ったものを選ぶことがポイントです。
また、最近は洗面所で使う電気製品も増えたので、コンセントを多めに配置しておくと、より便利になります。

洗面台のリフォームについての注意点は以上となります。
一生に一度のリフォームですので、業者選びは重要なポイントです!洗面台のリフォームをご検討中の方はお気軽にお問合せください。

弊社リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!
リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル” 0120-787-919へお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ:0120-787-919

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり