Now Loading...

床が腐食する原因ついてご紹介!床を腐らせない対策とは?

こんにちは!リフォーム専門店リバイバル ブログ担当の有地 です!

床を歩いたとき、ふわふわとした柔らかい踏み心地だったり床が沈んだりすることはありませんか?床の腐食は放置しておくと基礎の部分まで傷んでしまうことがあります。床の腐食の原因や、腐らせないための対策などをご紹介します!

床が沈んでしまう原因とは?

普段床を歩いていて、床が沈むような感覚がすることはありませんか?床を歩いたときにペコペコしたり沈むような感覚がある場合、床が腐食している可能性があります。

床が腐食して沈んでしまう原因とは、どのようなことが原因なのか見ていきましょう。

湿気による床板の変形

床が腐食する原因のほとんどが高温や多湿によって床が変形するためだと言われています。また湿気が下地と床材の間に入り込むことで下地が劣化と腐食を起こし、床が沈む原因となってしまいます。

水漏れ

床の腐食は水漏れが原因の場合もあります。例えば、お風呂や洗面所などの水回りは湿気が溜まりやすく、水はねが多いため床が腐食してしまうことが多いようです。

水漏れをそのまま放置しておくと、急に床が抜けるなどの被害が出てしまうこともあるので、床のくぼみなどの現象が出たらできるだけ早めに業者に見てもらうようにしましょう

床の腐食対策

床を腐食させないためには、どのような対策が有効なのでしょうか。具体的な対策をご紹介します。

湿度を調節する

フローリングに使用されている木材は、湿気と乾燥によって腐食やきしみなどが生じやすくなります

湿度が高いときは天気のいい日に窓を開けて換気をしたり、空気が乾燥しているときは加湿器などを適度に使用すると、湿度を調節することができてフローリングに負担がかからないでしょう。 

重曹や木炭、除湿機などを使用して除湿する

水回りや湿度が高めの部屋の場合、重曹を瓶のなかに入れて部屋に置いたり、木炭を置くなどをすると部屋の除湿をすることができます。また除湿器を使用すると、より除湿効果が高まり湿度を一定に保つことができるでしょう。

定期的な水漏れチェックをする

床や床下を腐食させないために、定期的な水漏れチェックを行うといいでしょう。特に水回り周辺は水漏れしやすい場所になるため、定期的なチェックが必要です。

チェックの際床が黒く変色していたり、水回りの側の床がくぼんできたら水漏れしている可能性があります。もし床にこれらの症状が現れたら、早めに専門業者に調査を依頼するようにしましょう

リフォーム専門店リバイバルでは、フローリングの張り替えリフォームにも対応しています。多くの施工実績があり、職人による美しい床の仕上がりが選ばれる理由にもなっています。 お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり