Now Loading...

窓の断熱リフォームで省エネ対策!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバル ブログ担当の有地です!

窓の断熱リフォームをご存知ですか?

窓の断熱リフォームを行うことで、冬は暖かく夏は涼しい快適な生活を送ることが可能になります。省エネにも繋がる窓の断熱リフォームを国も推薦しており、補助金制度もあります。今回は窓の断熱リフォーム方法や補助金制度についてご紹介します。

窓の断熱リフォームの方法

窓の断熱性能を高める方法として、窓サッシの交換リフォーム、内窓の取り付けリフォームやガラスを断熱ガラスに交換するリフォームなど様々あります。それぞれのリフォームの方法をご紹介いたします。

窓サッシの交換リフォームの方法

断熱性の低いアルミサッシから、熱を伝えにくい樹脂サッシへと交換することによって断熱効果を高めることが可能です。既存のサッシの寸法を正確に測った後、古いサッシを枠ごと外し新しいサッシに交換する工事を行います。

熱の伝わりが小さい樹脂サッシは気密性がよく、高い断熱効果を持っています。また、室外側は耐久性の強いアルミニウム、室内側は断熱効果の高い樹脂という構造の「複合サッシ」も人気があります。

内窓の取り付けリフォームの方法

既存の窓の室内側に樹脂サッシなどの内窓を追加し二重窓にする方法は、施工が比較的簡単で、防音や防犯対策にも適しています2つの窓の間にできる空気層が熱を伝えにくくし、断熱効果を発揮します。

また、内窓のガラスを複層ガラスなどにすることによって、更に断熱効果を高めることが可能です。特に、外側に向かって出っ張っている形状の出窓の場合、内窓の設置による断熱リフォームが効果的です。

断熱ガラスへの交換リフォームの方法

今ある窓はそのままに、単体ガラスを複層ガラスなどに交換することによって、断熱効果を高めることができます。複層ガラスは、2枚のガラスと中空層からできており、空気層が熱を伝えにくく断熱効果を発揮します。

交換するガラスの種類によって、断熱効果や費用も異なります。サッシは、ガラスだけの交換ができない場合がありますので注意が必要です。

窓を断熱リフォームするメリット

空気は温度の高い方から低い方へと移動するため、冬場、暖められた室内の空気は外気と接する窓の方へ流れていきます。窓を断熱することで、暖気が外に逃げるのを防ぐことができるでしょう。

冬場だけでなく、夏に暑い空気が室内に侵入するのを防ぐ効果もあります。家の中で熱の出入りが最も大きい場所である窓の断熱性を高めることで、快適な室温を保ち冷暖房の使用を減らせるでしょう。その結果、省エネ効果を得ることができます。

また、断熱性に優れた内窓や厚みのあるガラスにリフォームすることで、防犯性や防音性の高い窓が実現されます。

窓の断熱リフォームに関する補助金制度

住宅の省エネルギー化を促すために、窓や断熱材などを高性能な断熱建材を用いて改修した場合には、その一部の費用が補助されたり、税金が減額されるような公的優遇制度が用意されています。詳しい補助内容や、申込み期間などは一度問い合わせてみてください。

リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり