Now Loading...

窓の断熱リフォームで省エネ対策!(マンション編)

こんにちは!リフォーム専門店リバイバル ブログ担当の有地です!

前回の窓の断熱リフォームのブログに引き続き、今回はマンションの窓断熱リフォームについて詳しくご紹介していきたいと思います!

マンションの窓の断熱リフォーム

マンションをリフォームする場合には、基本的に管理組合への届け出が必要となります。玄関ドアや窓サッシなどは共有スペースと定められているケースが多く、簡単にはリフォームすることができません

マンションの管理規約を事前に確認した上で、窓の断熱リフォームを行うようにしましょう。規約上で窓の交換が許可されていない場合でも、管理組合への申請を行うと協議が行われ、許可がおりることもあります

マンションの窓を断熱リフォームする場合には、内窓の設置や既存の窓枠に新しい窓を取り付けるリフォームがおすすめです。

内窓の設置

サッシの内側は占有スペースと見なされ、一般的に、既存の窓の内側に新しい窓を付ける内窓の設置は、個人でのリフォームが可能です。ただし、マンションごとに規約が異なるため、事前に確認を取るようにしましょう

窓が二重になると窓の間に空気層ができるため、断熱性に優れた窓になります

既存の窓枠に新しい窓を取り付けるリフォーム

既存の窓枠に新しい窓を取り付けるリフォームは、室内から工事ができ、マンションにおけるリフォームに適しています。

既存の窓枠の下レールをカットして開口部を広く保つ「GRAF工法」や、既設の窓枠に補助材を取り付け新しい窓を取り付ける「カバー工法」などの工法があります。

マンションの窓リフォームのメリット、デメリットについて

窓ガラスの交換、または内窓の追加など、マンションの窓のリフォームをすることで削減できる経費もあります。

メリット

暖房代を抑え、結露によるカビ発生を抑えられる。
窓ガラスを複層ガラス、あるいは内窓にすることで、暖房代を抑え、かつ結露を防ぐことができます
複層ガラスの構造から、室内の暖気を外に逃がさないようになります。そのため普通の窓ガラスよりも少ないエネルギーで部屋を暖めることができ、暖房の使用を控えることができます。また、室温と外気温の差から結露の発生が起こりますが、複層ガラスは結露を抑えられる構造をしています。その結果、結露による窓枠のゴムにカビが発生しづらくなります

また、これらの効果は複層ガラスよりも内窓の方がより期待できます
暖房代を抑え、カビによる空気の汚染を防ぎ、カビの除去代を抑えることができるというメリットがあります。窓ガラスの交換、内窓の追加は費用がかかりますが、長い期間を考えると、非常にお得なリフォームになります。

デメリット

費用がかかる、掃除が大変。
最も大きなデメリットは、初期費用がかかるということです。

また二重窓にすると、単純に掃除量が二倍になってきますテラス、ベランダのない引き違い窓の外側を掃除するとなると、1人では掃除できません

窓をリフォームすることで、マンション室内の温度を快適に保てるようになります。また、冷暖房の効きが良くなるため節電効果に繋がり、初期費用こそかかりますが、長い目で見れば経済的です。

リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い、各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり