Now Loading...

ドアは引き戸がオススメ?リフォームで引き戸にしたほうがいい理由をご紹介!

こんにちは!リフォーム専門店リバイバル ブログ担当の勇です!

日常の家の中での移動で必ず使用する部分がドアです。利便性の良い生活空間を考える上で欠かすことができない動線上にあるため、どのようなドアを使用しているかは生活に大きな影響を与えます。そこでさまざまなタイプの中でもオススメのドアである引き戸のメリットについてご紹介します。

どうして引き戸がオススメなの?引き戸にするメリット3つ

ドアは開閉のスタイルによって大きく3つの種類に分けられます前後に開閉する開き戸、左右に動かすことで扉が途中で折れ曲がる折れ戸、そして左右に開閉する引き戸です。 

3つのタイプのドアには使用の際に見られる、それぞれの特徴があります。リフォームでは引き戸が人気のタイプです。リフォームで引き戸が選ばれる主な理由として3つのポイントを挙げることができます。

開き戸は場所を取る?引き戸なら省スペース設計!

子どもが成長したり、家族が増えたり、長く同じ場所で生活を続けていたりすると、家のスペースを手狭に感じてくるというケースは少なくありません。また、家族に介護が必要になった場合に、少しでも動線のスペースを確保したいと考える人もいることでしょう。 

そのような場合に、引き戸へのリフォームは良い改善策となります。 

引き戸は開いたドアが壁に平行して動き、壁沿い、または壁に沿って設置されている戸袋の中に収まります。このため、ドアの前後に開閉のためのスペースを取る必要がありません。開き戸では扉一枚分、折れ戸では折れた扉の幅分の開くスペースを空けておくことが必要となります。 

しかし、前後にスペースを必要としない引き戸では省スペース設計ができるため、現状より広い空間の確保が可能となるのです。 

また、ドアが開けっぱなしになっていても通行の邪魔になることがないというメリットもあります。室内の空気の入れ替えや風通しを良くしたいという場合にドアを開いたままの状態で過ごしても、動線を遮られることなくスムーズに通行することができるのです。

ドア付近に家具を配置しやすい!

ドアの前後に開閉するためのスペースを必要としないことで、引き戸の付近に物を置くことも可能となります。開き戸や折れ戸のような開閉の際にドアが前後に動くタイプの扉の場合には、家具の配置にも制限が生じます。 

しかし、引き戸にリフォームすることで、扉のある壁の近くにも家具が置けるようになり、部屋の他の家具の設置も余裕を持った配置にすることも可能となるのです。また、家族が増えたことなどが理由で家具を増やしたい場合にも生活に支障なく新しい家具を設置することもできるようになります。 

生活の変化に伴ってリフォーム工事が必要となったものの、大掛かりな工事が難しい場合でも、ドアのリフォームを行うだけで部屋全体の使い方に幅が広がり、広々とした空間での生活も可能となるのです。

身体を大きく動かす必要がない

開き戸や折れ戸の場合、ドアを手前や前方に動かす際に体もいっしょに前後することが必要となります。しかし、引き戸では上下にドアを動かすことが必要とされないため、体を大きく動かすことなく、開閉作業を行うことが可能となるのです。これにより、ドアを開閉する際、近くを通っている人や近くに置いてある家具に自分の体がぶつかってしまうという危険がなくなります。また、急にドアを開閉することで、他の人にドアをぶつけてしまうというリスクもなくすことができるのです。 

引き戸は車いすを利用している家族がいる場合にも大きなメリットとなります。車いすに乗っている状態でドアを開閉する場合には通常、大きく車いすを前後させることが必要となります。しかし、左右にドアをずらすだけの引き戸では車いすを行ったり来たりさせることなくドアの開閉が可能となるのです。

開き戸から引き戸にリフォームしたい!とご検討中の方は、リフォーム専門店リバイバルへご相談下さい。

失敗しない・後悔しないリフォームをするためには、業者選びも重要なポイントです!

リフォーム専門店リバイバルでは、お見積りから施工完了まで一貫自社施工で行い各分野に秀でた専門の職人が在籍しておりますので、お客様のどんなご依頼にもお答えし、ご満足いただけるよう努めております!

また、施工完了後も、経年劣化によるクロスのひび割れなど、無料で補修対応致します!

リフォームをご検討中の方は、ぜひリフォーム専門店リバイバル 0120-787-919 へお問い合わせ下さい。

かんたん無料見積もり
チラシダウンロード

簡単無料見積もり